人生一回、死ぬ前にまだやれることがある。

令和3年5月25日。人生の大きな転機を迎えた事をきっかけにブログを始めてみた。

俺と彼女の〇〇生活⑧~別れの発端~

彼女と別れる最後の週はほとんど連絡をとらなかった。

 

 

電話しても数分。

 

彼女から電話を切る。

 

彼女の態度はそっけない。

 

以前のようにこちらに質問を全くしない。

 

以前のように自分の話をほぼしない。

 

俺は彼女が俺に言い放ったズレというワード等が頭の中から離れず冷められてしまったと思い込むようになった。

 

一日中彼女のことを考えては落ち込み、それを繰り返していた。

 

そんな最中、金曜日夜に彼女と会う予定を入れていたのだが

 

 

前日に彼女からワクチンの副反応でおそらくいけないと連絡がきた。

 

 

まず以前の彼女なら俺に対してワクチンを打つことくらい話していた。

 

だが俺はなにも知らなかった、彼女の近況を何も。

 

以前の彼女との俺への対応の冷たさを感じた俺は不安を増大させていった。

 

そして俺は金曜日、彼女の様子を知るために電話をしてしまった。

 

彼女の声は辛そうだった。

 

俺はさすがに早めに切り上げようとしたが、彼女に対して、俺に対して冷めた?みたいなことを聞いてしまった。

 

 

彼女は俺に対しそんな風に思わせてしまっていた自分が嫌になる、と怒った。

 

 

そしてそれだったらもう考える、と言い放ち、一人で考える時間を俺に要求した。

 

 

今思えばこれくらいで怒ることはない

 

 

つまり、蓄積されていたのだ、俺に対するズレと不満が。

 

 

俺は必至に懇願した

 

 

ここで別れたくない

 

チャンスをくださいと

 

でも彼女は一人で考えると言い

 

 

最後電話を切った

 

 

この二日後、別れる。

 

 

俺の手によって。

 

 

つづく

 

 

俺と彼女の〇〇生活⑦~これが最後のデートとなるなんて思いもしなかった~

彼女と俺は渋谷で待ち合わせ、俺のネックレスを買いに行った。

 

 

彼女は遅刻してきた。

 

 

まぁ気にしない。

 

 

そして彼女と歩きネックレスを選んでくれて、俺は気に入って買った。

 

 

その後は食事しても良かったのだが

 

 

彼女は拒食症で何も食べられないのだ。

 

 

なのでラブホテルに入った。

 

 

彼女は生理だがイチャイチャしていたら互いに火が付き、また燃え上がるように俺たちはお互いを貪り合った。

 

 

身体の相性だけは今思えば抜群だった。

 

 

そしてホテルを出たあと、駅まで歩く道、彼女の表情が暗く見えた。

 

 

無口だ。

 

 

そう、今日会ってから彼女は割と無口で初対面の頃とは明らかに違うように見えた。

 

 

デート全体を通して彼女の口から出る言葉は、俺に対して否定的な言葉が多い気がした。

 

 

俺はこの違和感を忘れられなかった。

 

 

デート後のラインは事務的でそっけない内容だった。

 

 

ここから別れるまでとんとん拍子にいくことになる。

 

 

この時はまさか一週間後に分かれるなど思いもしなかった。

 

 

俺の疑心暗鬼、妄想、自己中がその結末を生むのだ。

 

 

つづく

俺と彼女の〇〇生活⑥~すれ違いからの衝突~

付き合ってから翌日が月曜日で仕事が始まった。

 

ある日電話で話しているときに、俺が次引越すとき、彼女の家の近くに引越せるよというと、彼女は怒った。なぜそんな怒ることなのか別れた今もよくわからない。

 

 

確かなのは彼女は元カレと同じマンションの別部屋に住んでいることだ。

 

彼女は自分から最新の元カレのところに引越したといっていて、そういうことに抵抗はないと話で聞いていた。歴代彼氏とも同棲したいとよく言っていたと彼女の口からきいていたのでなおさら疑問だった。

 

彼女はその時電話で俺に対して自分とズレがあるといった。

 

俺は翌日素直に謝った。彼女は普通に許してくれた。

 

 

彼女はこの週はコロナ明けで仕事が忙しかった。

 

 

しかし俺は彼女に会う前のようにラインや電話をしていた。

 

 

当然彼女は疲れていて返せなかったり、対応も雑になる。

 

 

俺は馬鹿である。大馬鹿である。

 

 

馬鹿な俺は彼女に対して自分に対する愛情がなくなったのではと不安を募らせていた。

 

 

今思うとマジでぶっとんでいる。

 

 

最初から彼女は自分の家はおろか最寄り駅にくることすら俺に対し許さなかったことにも対し俺は不信感を持っていた為(彼女と元カレが同じマンションの別部屋に住んでいることもある)

 

俺は悶々とする。

 

週末ガマンできなくなった俺は彼女と腹を割って話した。

 

 

彼女は疲れているときは普通に対応できないといった。(当然である)

 

 

そして俺と彼女は話し合って互いに納得しこれからもヨロシクと解決した。

 

 

その後彼女からくるラインは一か月半のラブラブ期間のようなラブラブラインが沢山きた。

 

電話も彼女からまた頻繁にくるようになった。

 

 

しかし次の週がはじまるとやはり忙しい。

 

 

それでも彼女から電話はよくきた。

 

 

週末会う前には俺のネックレスをえらぶため二人で電話で話しながらネットで色々調べた。

 

 

彼女の声は今思えば疲れているように思えた。

 

 

俺は彼女に楽しくない?とか聞いてしまった。

 

 

アホ。アホ。

 

そして次が会って3回目。これが最後のデートになる。

 

 

つづく

俺と彼女の〇〇生活⑤~正式なお付き合い開始~

俺と彼女はホテルで二人で飲もうと約束していて

 

 

俺はシティホテルを予約していた。

 

 

彼女と俺は最初軽くホテルのラウンジでお茶をして1時間少し雑談した。

 

 

楽しい気分のままコンビニでお酒やつまみを買ってホテルの部屋に入室した。

 

 

その後二人で飲み語り、彼女はシャワーを浴びたいといった。

 

 

シャワーをあびた彼女は白いガウンを着てベッドに横になった。

 

 

少しホロ酔いだ

 

 

そして俺にベッドにくるように言った。

 

 

俺は彼女の近くにいくと、彼女は俺に抱き着いてきてキスをしてきた。

 

 

めちゃくちゃ濃厚。

 

 

延々とキスをしていた。

 

 

そして俺もスイッチが入りギリギリまで彼女を愛した。

 

 

しかし最後の一線は付き合わないとできないと、俺は言った。

 

 

彼女は悩んだ後、私と付き合うと苦労するよ?すごいワガママ言うよ?といった

 

 

俺は気にしないといった。

 

 

改めて彼女に付き合ってくれと俺が言うと

 

 

 

彼女はコクンと頷いた。

 

 

カップル成立である。

 

 

そして一晩中彼女と俺は獣のように互いを求めあって、シラフになってから朝方も含め熱い一夜を過ごした。

 

 

彼女は一途で今まで彼氏としかHをしたことがない、ワンチャンは一度もないとずっと言っていたが

 

 

会って二回目の俺に対するこのアプローチを見て少し疑問に思ったが、気にしないことにした。

 

 

そして翌朝俺たちはチェックアウトしてバイバイした。

 

 

つづく

 

 

俺と彼女の〇〇生活④~彼女がコロナ陽性→初対面まで~

俺たちは8月下旬も相変わらずラブラブで連絡取り合っていた。

 

 

そんな中

 

 

彼女がコロナ陽性になった。

 

 

自宅療養だが、高熱がでてめちゃくちゃ辛そうだった。

 

 

辛くて眠れないから俺と電話で話していてほしいと頼まれ俺は彼女をずっと励ました。

 

 

そして容体は安定していった。

 

 

14日間の自宅療養を終えたころ、俺は自宅に帰ったと彼女に報告した。

 

 

そしたらサプライズ。

 

 

彼女が突然ウチの駅まできたのである。

 

 

約束していないのに。

 

 

~駅のジムにいるよーってラインしたらきたのである。

 

 

俺は彼女のフットワークの軽さにびっくりしながらも、ジム終わりに彼女と遂に対面した。

 

 

アプリで出会って1か月半越しの初対面である。

 

 

彼女はやはり美人だった、

 

 

しかも胸がでかく、スタイルもいい。

 

 

マスクをしていたが笑顔が素敵だった。

 

 

俺たちは公園のベンチに腰掛け1時間半ほど雑談をして別れた。

 

 

帰宅後お礼のラインをすると、彼女はあえてよかったとラブラブな感じで返信してきた。

 

 

実物見て恋愛対象入る?と冗談めかして質問すると、話の流れが変わった。

 

 

彼女からの返信内容は「臆病になっている自分がいる」「不安を会って埋められると思ったけどまだ埋められない自分がいる」

 

ときた。

 

更に「付き合っていいのかわからない。」ときた。

 

俺は電話でお互いの歩幅をあわせて徐々に距離を縮めていこうといった。

 

 

彼女も同意して次の予定を3日後にたてた。

 

 

そう、この初対面から徐々に歯車が狂っていくのだ。

 

 

つづく

 

俺と彼女の〇〇生活③~一か月半毎日長電話編~

前回の続きを書いていく前に報告があります。

 

 

彼女と別れましたwwwwww

 

 

モチベーション最悪です。へこみまくりです。

 

 

でも今回の付き合いで明確な課題が浮かび上がったので、二度と繰り返さない為の戒めとして、しっかり書き残していきます。

 

 

俺と彼女はライン交換してから

 

 

 

毎日のように3時間~5時間の長電話をするようになった。

 

 

 

お互い仕事をしているが、帰宅後20時頃~深夜まで長電話という感じで習慣になった。

 

 

 

不思議なことに時間があっという間に感じるほど彼女との会話は楽しかった。

 

 

 

片方が相手を付き合わせているわけではなくお互いが求めあっていた。

 

 

 

この一か月半は彼女からの連絡が非常に多く、付き合っていないが、俺に対して好意をどんどんぶつけてきたり、結婚後の話や、お互いの家庭、友達、プライベートの話まで何もかも話し尽くしていた。

 

 

半ば付き合っているようなものだったと思う。

 

 

ちなみになぜ1か月半も会わなかったかというと、俺が太っていたからである。

 

 

俺は痩せるために、彼女に出張中と嘘をついてダイエットに励んだ。

 

 

そして毎晩イチャイチャお互いに会話を楽しんだ。

 

 

俺はラインの着信音を彼女と親しい先輩だけ通知オンにしていたので

 

 

ラインの着信音「ラーイーンッ♪」

 

 

が鳴るたびに心躍らせていた。

 

 

今思えば、この7月8月の間は一番幸せなひとときだった。

 

 

つづく

俺と彼女の〇〇生活② ~マッチングアプリのメッセージ交換~

俺はマッチングアプリをずっと続けていて正直疲弊していた。

 

 

どんなに美人、可愛い子だろうと次から次へとメッセを交換するのはもはや作業である。

 

 

彼女との出会いが先々発展していくことなど思いもしなかった。

 

 

いいねを先にしてきたのは彼女の方、メッセの文章を送ってきたのも彼女の方からだった。

 

 

プロフいいね数が500を超える人気会員の彼女だっただけに何故俺なんかに?と半信半疑でメッセージのやりとりが始まった。

 

 

休みの日の話や、仕事の話をしながら俺たちは盛り上がり、お互いに長文のやりとりになった。

 

 

彼女は看護師だった。

 

 

俺は彼女の仕事に対する真摯な姿勢や真剣な想いに触れて、芯のある彼女を純粋に尊敬していた。

 

 

2,3日アプリのメッセージのやりとりをして、気が付いたら俺の方からライン交換を提案した。

 

 

彼女は私もそう思ってました、と快く承諾してくれた。

 

 

これまで数多の女性とアプリを通してライン交換してきたが、今回は何かいつもと違う予感?がした。

 

 

つづく~