人生一回、死ぬ前にまだやれることがある。

令和3年5月25日。人生の大きな転機を迎えた事をきっかけにブログを始めてみた。

【まとめ】マッチングアプリの投稿は一旦ここまで。

マッチングアプリを使って思ったこと。

 

 

 

まず普通に出会える

 

 

 

某一部上場企業が運営しているマッチングアプリを使ったがサクラや業者にも当たらなかった

 

 

 

世間で言われているほど酷くはない(だからといってリスクは必ずある)

 

 

 

この短期間で俺は200人くらいの女性とメッセして50人弱の女性とラインをした。

 

 

 

まず文句なしに目立ったのは女性は保育士看護師がダントツで多い。

 

 

 

マッチングアプリを使ったことある人ならわかるはず。

 

 

 

忙しいし出会いがない職場なんだよね

 

 

 

俺は幸運にも可愛い子たちと連絡をとりあうことができた

 

 

 

今回、俺がラインを交換して良い雰囲気で連絡をとりあえた50数人の女の子たちのスペックは以下になる

・俺の身長161cmに対して相手女性の身長は148~175cmまで。

 

・年齢は18歳~29歳まで。スタイルは普通~モデル体型。

 

・性格はクールな子、オタク、ノリの良い子、面白い子、礼儀正しい子、塩対応の子、メンヘラ等色々。

 

・職業は大学生、専門学校生、教員、保育士、看護師、エステシャン、IT関係、OL、アルバイト、その他

 

 

色々やりとりする中で実際に会いたがってくる女の子はやはり多い

 

 

でも俺は会えないのだ

 

 

ダイエットしなきゃならんから

 

 

せめて9月まで。。。

 

 

マッチングアプリを使う男性は通常真逆で速攻で会いたがるヤリモクが多く

 

 

俺みたいな会いたがらない男という点が逆に女性らの好感度を上げた模様である、皮肉とはこのこと。

 

 

正直疲れ始めた

 

 

ここから後2か月も引き延ばすのがまずしんどすぎる

 

 

あとね、これはアプリ利用者全員に言えることだけど信用できないよねやっぱり。

 

 

俺ふくめてね。

 

 

結局みんな同時進行で数多の男女とコンタクトをとって出会うわけですよ

 

 

マッチングアプリでは男女ともに二股、三股以上が当たり前なんです。

 

 

俺のまわりでもアプリで女食い漁ってる男は沢山いるし、男女共に浮気なんて日常茶飯事だ。

 

 

結論としてアプリ特有のリスクである「チャラさ」のイメージは拭えないってこと。

 

 

俺は真剣に彼女が欲しいけど、アプリの出会いである必要性を問われると、無理するほどじゃないと気付いたんだ。

 

 

それ以上の収穫として低身長のスペックでも、それを気にしない女性がこれだけいるという現実を自分の体験として実感したことは大きい。

 

 

正直この年齢になり孤独はキツい。

 

 

週末とか特にね。

 

 

友人知人は皆すでにほとんどが結婚し家庭がある

 

 

取り残されていく・・

 

 

俺は昨年からこの強烈な孤独と寂しさに耐えられなくなってきた

 

 

彼女がほしい、そして早く結婚したい

 

 

でもマッチングアプリで無理して出会って付き合っても、結局「猜疑心」は残り、破局するカップルが多数という経験者の沢山の声を聞いて、のめりこむのは危険だと思った。

 

 

今俺が集中すべきは自分磨きだ。(仕事は全力でやってます)

 

 

温もりや癒しの部分はパパ活を継続して割り切った楽しみ方で発散する。うーん、これは本当に継続を迷っている。これが俺の真の闇なんです。今後何が起こるか分からない。怖い。

 

 

まぁやっぱりそれじゃ満たされないからこうしてアプリなんか始めたんだけどね

 

 

とりあえずアプリはやめないけど、暇つぶし程度にします

 

 

今lineしてる子たちとは出来るだけ続けるけど、やっぱり依存みたいな感じでのめりこみ始めている自分がいたから、一歩ひいて割り切った見方に切り替えてみます。

 

 

俺はほんとうに未熟だ

浅はかで思い立ったら突っ走る

そして悔やむ

この繰り返し

 

思慮が足りてない

自己に対する客観性の視点が不足している

 

 

でも

 

 

こうして実際経験してみて俺が求める本当に大切なものが見えてきた気がする

 

俺の人生のテーマは挑戦と決めたんだ

 

切り替えて

 

ただ突き進むのみ!